2013年10月21日月曜日

Dog Year


14歳の老犬になった愛犬トーマス。
もう直ぐ1歳の孫の雅久は、彼にしてみれば保護の対象なのかも?
泣いたり、わめいたりすると、心配して近づいて様子を見る。
後は、何事も無かったかのように、自分のポジションに。

ハスキー系で14歳はかなりの高齢。
耳も遠くなってきたし、足腰もだいぶ弱ってる。
トーマスと一緒に居られるのも、後何年か?
ドッグイヤーとか言って、急成長のIT産業に良く当て嵌められるけど、
その分、犬と同じで寿命も短いのかも?
Posted by Picasa

0 件のコメント: