2013年5月30日木曜日

まこと寿司


夕べは江北にあるまこと寿司さんへ、小雨降る中、妻と自転車で。
事前に電話したら、明日が定休日なので、あんまりネタが無いですけどと奥様のお返事。
先ずはカウンターで生ビールから。

それにしても、このお店の凄いところは、何と言っても、凛としたお店の雰囲気。
カウンター越しに見える奥の冷蔵庫は、鏡の様にピカピカ。
麦焼酎の水割りに変えて、今度は小肌とアナゴを握って貰った。
小肌の酢の〆加減が最高で、此処の酢飯にピッタリ!
思わず、美味しいねえ~と口走ってしまった。

ご夫婦で遣ってらっしゃるので、そのなれ初めから伺うと、
お二人とも鹿児島出身で、小学校、中学校の同級生だったとか。
すし職人のご主人も、鹿児島にいた時は、にぎり寿司なんか知らなかったとか。

確かに、回転すしも無い時代の私の幼い頃は、お寿司は特別な日の特別な食べ物。
そんなご馳走感に浸れて、幸せでした。

0 件のコメント: