2012年10月9日火曜日

憲法改正について


人生、老若男女を問わず生きて行くのは多少辛い時もある筈。
全く辛いと感じない人生ってのも、面白いもんじゃないのかも?
まあ、そう言いながらも、出来れば楽して上手く遣りたいって思うのも人の弱さ。

それにしても、ドウシヨウモナイ末期症状に陥った民主党。
民主党の代議士自身、次は無いと思ってるんじゃないのかな?
沖縄へのオスプレイ配備も、沖縄の住民の事を考えたら誰もが反対せざるを得ないのかも?
でも、中国との緊張関係や領土問題を考えると、日本全体の国益を考えれば、日米安保条約に基づいた米軍の存在を簡単には否定できないし。

じゃあ憲法改正して、日本が正式に国防を目的とした軍隊を持つのか?って聞かれると、それも議論が飛び過ぎている様な?
確かに国民の生命、財産、安全を守る為に、国が国防を考えるのが当然なんだろうけど。
私自身が平和ボケと批判されても仕方ないのかも?

理想論として、争いや紛争の無い平和な世界を目指しましょうって言うのは、簡単明瞭。
誰もが反対する理由はない筈。
だけど、相手が確信犯的に略奪や占領の意志を持って攻めて来たら、話せば判るじゃ如何しようも無い訳だし。
武装した強盗に押し入られて、話せば判るって言ってたら、その前に殺されちゃうだろうし。
話し合い努力を最大限するのも、話としちゃ判るけど、現実的じゃ無さすぎる様な。
この辺のところ、共産党や社民党に先生方に、どう考えてるのか?聞いてみたいけど。
水と安全はタダでは手に入らないモノなのかも?

0 件のコメント: