2012年4月29日日曜日

CIってLCC以下かも?

昨日のCI最終便は怖かった。
台北松山空港で遅れが発生するのはいつもの事。
ラウンジのお姉ちゃんに、〝いつも遅れるね?”って聞いたら、見事にYESだって。
25分遅れの搭乗予定時刻にゲートに行ったら、更に5分遅延。
ラウンジで6時10分搭乗って聞いて来たのに、また遅れ?ってチケットモギリのお姉さんに言ったら、私たちはベストを尽くしてますって、逆に開き直られちゃった。
オイオイ、仕事ならベストを尽くすのがプロだろう?

さて、羽田空港で着陸態勢に入り、いざランデイングって時に、いつもと違う外の景色。
バーンを横切る形に突っ込んでる。
其処から、タッチ&Goみたいなエンジン全開の急上昇!
コエ~!

機長のアナウンスで視界不良によるランデイングミスでゴメンネみたいな英語の短いアナウンス。
それを、日本人乗務員のお姉ちゃんが、日本語の機内アナウンスで、乗降ゲートの準備が整わないので急に上空で待機する事になりましたなんて、機長が一言も言ってない作り話をアナウンス。
だいたいそんな時に、タッチ&ゴーでエンジン全開なんて有り得ないし。

CIはこの前も、天候がイイのに天候不良を遅れの言い訳にして、客から何処の天候が悪いんだ!って文句言われてたけど。

おまけにゲートに近づいたら、機体が回り切れずに急ブレーキ。
そこから、牽引車で引かれてんの。
心なしか地上で誘導するスタッフの親父も呆れた表情。
着陸後の急ブレーキも凄かったけど。
こんな素人みたいな運転手で大丈夫なのかなあ~?

0 件のコメント: