2012年3月13日火曜日

会社をチェックする一つの方法


少人数のミーテイングにはピッタリなのが、プラズマモニター。
ノートPC持参の方なら、モニタージャックをつなげるだけで直ぐプレゼンスタート。
USBメモリーだけでも、部屋のデスクトップPC経由でOK。
こりゃ便利!
実はこれ、自宅で使わなくなった古いプラズマTVを会社に持ってきただけ。
正にRE-USE。

この部屋にプロジェクターも置いてあるけど、セットアップが面倒なのでモッパラこっちを活用。

お付き合いする会社の一つの判断に使い易いのがトイレ。
案の定、昨日台湾から遣って来た貿易商社のやり手社長も、帰り際にトイレを貸してと言って来た。 単にトイレに行きたかっただけかも知れないけど。
たかがトイレと侮るなかれって、いったい誰に言ってるのか?

実はトイレの状態を見れば、其処で働く人達の意識レベルを垣間見れる。
例えば、汚れたまんまのトイレなら、次にトイレを使う人の事を考えてない訳だし、社員教育とか言う前に、躾レベルに問題が有るのかも?
だから私も初めて会社を訪問すると、まずチェックするのが客先のトイレの状態。
だって、初対面でお宅の会社は大丈夫ですか?なんて切り出すのは難しいし。

別にこれで全てが判る訳じゃないけど、一つの判断手段としては使えるんじゃないのかな?

私は自称占い師じゃありません!

0 件のコメント: