2012年3月2日金曜日

営業マンは売ろうとする気持ちが強過ぎると相手に引かれます


今日は朝から早朝会議。
出資している別の会社の役員会に出席。
お昼にはオフィスに戻る。

今週の仕事も今日が金曜日だからオシマイ。
一週間、ご苦労様でした。(って自分も含めて)

来週は月曜日に長野県、火曜日に愛知県と出張が続く。
私の会社での役割は幾つかあるけど、このマーケッテイングがメイン。
つまりお客様とお会いして、次の展開や開発案件の打ち合わせが本業。
それを持ち帰り、当社がどんなお役に立てるかを考え、ご提案して行く。
結果として、それがお客様からのオーダーと言う形で最終的に報われる。

仕事をしてて思うんだけど、余りにも注文が欲しいと言う気持ちが強過ぎると、だいたいお客様は引いちゃう。
逆に、どんなお役に立てそうかご提案して問題解決にご協力できたケースは結果も良好で、報われる場合が多い。

予算達成とかのプレッシャーで、売らなくちゃって気持ちが強過ぎると空回りするので要注意!
勿論、会社に売り上げが無けりゃ、経費削減も経営の効率化も無いから、先ずは売上も現実。
その辺のバランスって、微妙で実は一番難しいのかも?

0 件のコメント: