2012年2月23日木曜日

ワタミ社員自殺について思う


私が毎日仕事をするデスク。

ワタミの女性社員過労死が話題になっているけど、ワタミの労働環境は良く判らない。
あのマスコミに出てくる会長の話だけを聞くと、シッカリしたイイ会社のような気がしてたけど。
私も小さな会社組織を経営してる身なので、他人事とは思えない。

やっぱり、短期間に急速に大きくなった組織って、幾らトップが気を配っても、組織運営のシステムやルールが整ってないので、こんな不幸が起き易いのかも?
でも整った古い体制じゃ、逆に急成長は望み難いから、両刃の剣なのかも?
特に、急場凌ぎじゃないけど組織が大きくなると、中間管理者を含め、それぞれの階層や個人毎に、ワタミと言う組織はこうあるべきなんて、勝手な思い込みも芽生えちゃうし。

他人の会社をブラック企業呼ばわりすることは簡単だけど、実態が判らないので私は批判も今は控えたい。

でも、亡くなった方がそうだとは思わないけど、確かにビジネスに不向きな人が居ることも確か。
そういう不向きな人を組織に採用し、ビジネスに貢献させようとすると、これは大変!
大きな組織なら、直接ビジネスにタッチしない部門への配転も可能かも知れないけど、私のような小さな組織じゃ、全てのファンクションが顧客やビジネスに直接関わってるから、これは辞めて頂くしか手が無いのも現実。
ビジネスに不向きな人を無理に仕事させたら、本人の精神的苦痛や負担も大きくなるし、会社組織の利益損失や信用失墜も大きくなっちゃう。

逆に社員として働く人達へのアドバイスは、働く場所は今自分が勤めている会社だけじゃないって事。 ココしかないって考えちゃうと、もう埒が明かないって。
別に働く場所は、日本国内だけじゃないんだし。
ブラジルかアフリカに渡って、一旗揚げようって言うのも、アリなんだし。

0 件のコメント: