2011年11月4日金曜日

人が幸せを感じる時

昨日の休み、夕方妻と赤羽のスーパーに行ったら、ロシア産活オマールエビ一が売られていた。
珍しいのと美味しそうなので、3匹購入。
お店で聞いたら、スチームじゃなくて、塩茹でで美味しいですよって事で、早速、塩水を沸騰させといて、其処へ生きたまま3匹投入。(この沸騰水に入れるところが、うまみ成分を逃がさないポイントかな?)
大して暴れる事もなく10分経過。
赤く茹であがったオマール海老を、トングでザルに取り出し水気を切ってお皿に。
味付けは、溶かしたバターを妻が用意。
キッチンバサミで殻を切り落とし、溶かしたバターを付けて食べたら最高!
この味をレストランで楽しもうと思ったら、お一人様一万円は超えちゃうし。
サイド・デイッシュは息子が作ったホウレン草とウニのソテー。
こちらも美味!
白のシャブリを2本も3人で開けちゃった。

美味しいモノを食べると、人は幸せを感じると実感。

0 件のコメント: