2011年10月31日月曜日

ビジネスのコモディティ化(陳腐化)

今日で2011年10月最終日。
明日からは11月。
昨日は地元のゴルフコンペに参加。
成績は散々で順位も下から数えた方が早いぐらい。
ゴルフって難しいモンだなあ~。

明日は名古屋大阪一泊出張へ息子と。
彼のマーケッテイングデビューツアー。
彼にはこれからバリバリ稼いで貰わないと。

小さな組織の強みは、先ずはその意思決定のスピード。
だけどその根底には、そんな小規模である事ががメリットとして活かされるビジネスモデル構築が無ければ、慌ててるだけの無用のスピードで、正に拙速と言う表現。

例えば競争優位性が自社の持つ設備や機械に依存しているビジネスモデルでは、資本力若しくは資金調達力のある大手が、同じ設備機械を導入若しくは持っている会社ごと吸収合併しちゃえば、一晩にして、その競争優位性は失われ、後は価格競争だけのコモディティ・ビジネスに成り下がる。
だから、この様なビジネスモデルは、危なすぎて極力避けたいところ。
具体的には、半導体、液晶TV、パソコンハードなんか、そんな典型じゃないのかな?

そんな中で、尊敬と言うか見事なのは家電メーカーのダイソンなんか徹底して自社製品のコモディティ化を避けた新製品開発を遣ってるように見えるけど。(実態の財務内容は知らないけどね)

0 件のコメント: