2011年10月2日日曜日

ソウルのホテル予約で一悶着

昨日は朝6時過ぎに成田空港へ妻と娘を乗せて。
空港へ着いたら早速KALのチェックイン。
ビジネスクラスのカウンターは待たずにチェックイン出来たけど、エコノミーは長蛇の列。
彼女達と別れて、フードコートで天ぷら蕎麦の朝ご飯。
よくこんな酷い味で1,300円もお金取るなあ~と言う味にガッカリ。

東京へは渋滞もなくスムーズに帰宅。

午後、ソウルに居る妻から電話。
KHRとか言う代理店経由で私がネット予約決済済みなんだけど、部屋の仕様が予約と異なる。
フロントの男性が英語を話せるので、予約を入れた私が苦情を言うと、代理店がギャランテイしただけで、当ホテルはギャランテイしてないとか。
あいにくホテルは満室なので、我慢してくれとか。
そのKHRとか言う代理店に直ぐに電話しても、誰も応答しない。

フザケルナ!この泥棒野郎と怒鳴り、ホテルを替えるから1時間待てとアールヌーボホテルに依頼。
宿泊費とキャンセル料をフンダクルつもりか?と聞いたら、アールヌーボーホテルはリファウンドする(返金する)と約束してくれたので、日本からソウル中心部のロッテホテルのリザベーション部門へ電話。
幸い、447,000ウォンの部屋なら2泊連泊出来ると言うので早速、私のクレジットカードでリザーブ。
今のウォン安と円高を利用すれば、3万円未満で気分良く一流ホテルに泊まれるんだからイイか?
おまけに隣がロッテ免税店だし。

早速妻に電話し予約番号を知らせ、キャンセルするホテルのマネジャーにリファウンドの署名入り誓約書を貰いロッテホテルへタクシーで。(この誓約書が有れば、後でKHRとモメテモ勝てるし)

夕方、娘と明洞を散歩する妻に電話したら、御蔭で気分良くイイ部屋に移れたとか。
折角、プライベートで気分良く旅行に出たんだから、クダラナイトコロデ気分を害して貰いたくないし。

0 件のコメント: