2011年8月3日水曜日

へえ~そうなんだ!TVの異常個所の見つけ方

昨日の午後、パナソニックのサービスが来られ、電源が入らないパナソニックビエラ46インチの電源スイッチON。
案の定、普通緑のランプが点灯するところが、赤く点滅。
問題は其処から。
その点滅回数を数えたら10回で一区切り。
この10回連続点滅は、電源ユニットの異常を示すサインなんだって。
持参した電源ユニットをコネクターを外してパカッと交換。
なんとTVは元通りに直っちゃった!

節電要求が強く、苦戦を強いられるプラズマTV。
確かに画像は、液晶TVよりはるかにボヤケテない感じ。
でも時代は省エネで、LEDバックライトの液晶TVがこれからは主流な印象。
あのプラズマデイスプレイの発明は画期的だったのに。
テクノロジーの変遷は、却って優れていた為に乗り遅れと言う怖ろしい面も。
時代がプラズマ主流だったら、こんなに韓国勢に市場を席巻されなかったかも?
次に来るのが有機ELとか言われてるけど、如何なんだろうなあ~?

そんな訳で無事TVの修理は終了。
直ったTVは息子の部屋に置く事に。
後はアンテナ配線をするだけです。

0 件のコメント: