2011年8月4日木曜日

上海の夏

LCCで一躍有名になった春秋航空は上海が拠点。
先週、上海に出張したお客様が、上海の気温は37℃だったとか。
上海って、夏はメチャクチャ暑くて、冬は雪が降って寒い。
つまり暮らし難い場所。
上海に住む友人は、現在家族でグアム・サイパンへ旅行中。

今月は台湾彰化市へお客様をお連れする。
9月に別のお客様と上海に行く予定。
なんだかんだ言いながらも、毎月海外に仕事で出掛けるスケジュール。
それがイイとか悪いとかじゃなくて、ビジネスのグローバル化。
それを積極的に受け入れるか?拒絶するか?は、経営のスタンス。
まあ、今の時点で拒絶するのは現実的じゃ無い様な気がするけど。
私の場合、中国、台湾との太いパイプが当社の強みと考えます。

確かに競合する部分も有るけど、それを如何に共存共栄と言うかWIN-WINの関係を構築するかが、知恵の出しどころなんじゃないのかな?
別にこっちだって、市場を占有したいとか、世界を征服したいなんて思っちゃいないんだから。
この辺が、馬鹿みたいにシェアーを目指したり、マスメリット追求とか言って肥大化を目指す古い経営体質の会社との違いかな?
今さらIPOなんて、魅力も感じません。

0 件のコメント: