2011年7月5日火曜日

何か動き出しそうな雰囲気

格段、何か大きな変化や経済指標が動いた訳では無いけど、直感的にこの7月は経済のダイナミクスに大きな変化が生じる様な?
新聞を見る限り、キャノンがデジカメ生産を台湾にシフトとか、ネガテイブなファクターが多いけど。既にキャノンさんは主力のプリンター製造は中国とベトナムにシフト済みなので、いよいよデジカメもかと言うのが正直な感想。
そりゃあ、電力供給もままならない状況で、節電しなけりゃぺナルテイーとか言われれば、海外生産シフトは当然なんだけど。
ますます日本の雇用環境は悪化が予想されちゃうなあ~。

本来、そんな状況下でも、日本の誇る高いインテリジェンスや品質管理能力、モノ作りにかける情熱で今まではカバーしてきたけど、増産したくても電気が無けりゃ勝負にならないか?
それと、気になるのがインテリジェンスの低下傾向。
個人個人に次元を変えると、謙遜の意味も有って馬鹿ですからと言うのは昔からなんだけど、一人一人のインテリジェンスを高める努力を放棄する為に、居直り、開き直りで馬鹿ですからと言うパターンも。
特に若年層の場合、職に就く事でインテリジェンスを高める機会が与えられるケースが多いんだけど、その肝心の職に就けないと言う困った状況も影響してるんだろうけど。

そんな話はさて置き、7月以降は日本経済に動きや変化が起きるかも?
相変わらず、政治は空回りで何の進展も期待できそうにないけどね。

0 件のコメント: